社長ブログ、笑いと涙の奮闘記

これからの教育で大切なこと

2017年11月30日

例えば、国語の授業では、「大江山」という言葉が文中に出てきたら、大江山についてだけでなく、百人一首の歌を調べさせて、それらを全て学習するなどです。
このような方法をとれば、見るもの、聞くもの、読むもの全てが学習の材料となります。