社長ブログ、笑いと涙の奮闘記

『肺炎がいやなら、のどを鍛えなさい』

2017年07月28日

先日、上記の本を読みました。というのも、94歳になった母は、最後に誤嚥性肺炎になりかかって入院し、それがきっかけで亡くなってしまったからです。食べ物がうっかり肺に入り、それがもとで肺炎になってしまう誤嚥性肺炎は、本当に怖い病気だと思います。