社長ブログ、笑いと涙の奮闘記

1.01の365乗の驚異

2016年05月31日

毎日毎日どんな日でも、昨日より1%アップするということは、とても難しいことなのでしょう。しかし、過去に現れた偉人や、現代の名人は、見えないところで人並みはずれた努力を続けたことでしょう。
これらの数字から、コツコツとした努力の大切さと手抜きの恐ろしさを学びました。

1.01の365乗の驚異

2016年05月30日

さて、話を最初に戻して、では一体1.01の365乗はいくつになるのでしょうか。

それは何と37.8です。毎日、今までの自分より1%だけ成長しようと努力すれば、1年後には今現在の約38倍になれるという計算です。

1.01の365乗の驚異

2016年05月27日

つまり、この事実は0.99の14乗の計算とぴったり一致するのです。ちなみに、0.99の14乗は約0.85です。
つまり、毎日たった0.01(1%)の手抜きをするだけで、14日後には100の能力が85にまで落ちてしまうということです。努力の手抜きとは、何と恐ろしいことでしょう。

1.01の365乗の驚異

2016年05月26日

これを見て私は、「たった2週間でこんなにも退化するのだ」と驚きました。そして次に私は階段をのぼってみました。するとどうでしょう!今まで何の苦もなくスタスタとのぼれていた階段が、手を階段の手すりにかけ、腕の力で体を引き上げないと、のぼれなくなってしまったのです。これでは登山に行こうにも、低い山すら登ることができません。その退化の速さに改めて驚きました。

1.01の365乗の驚異

2016年05月25日

ほぼ2週間がたち、ようやく痛みもひいたため、そろそろ自主的なリハビリでもしようかと思いました。そこでまず、自分の太ももを見てビックリしました。今までテニスやスキーで鍛えてきた、少し自慢の自分の太ももが、見るも無惨に細くなっていたのです。それらは入院前にはパンパンに張っていたのですが、その時には、その太ももを指でつまむと、脚の皮が3僂らいも伸びる程に弛んでいました。

1.01の365乗の驚異

2016年05月24日

話は変わりますが、腰を患い、2週間程ほとんど寝たきりで過ごしました。その間、動くことといったら、トイレに行くときぐらいのものでした。その間は腰の痛みに呻きっぱなしで、とても運動どころではありませんでした。

1.01の365乗の驚異

2016年05月23日

皆さんは1.01の365乗がいくつになるか、ご存知ですか。私はその結果を知って、唖然としました。
その前に、0.99の14乗を計算して、その結果にも驚きました。そして、その数字の正しさにも納得しました。

創造力を育てる

2016年05月20日

最後の呪文は、「なるほど!すごい!」だそうです。
そう言って子どもの考えを認めてあげると、子どもはますます夢を広げていくそうです。
このように、子どもに対しての声かけ次第で、子どもはどんどん変わっていくようです。これは上司と部下の関係などにも応用できそうです。

創造力を育てる

2016年05月19日

しかし、そのように励ましていっても最終的には行き詰まるときがあります。そのときは、「他には?」という呪文を使い、違った観点から考えさせます。

創造力を育てる

2016年05月18日

例えば、子どもたちに何か工作のアイデアを出してもらう場面があったとします。
まずは、出たアイデアに「すごい!」と反応します。すると子どもは目をきらきらと輝かせ、さらにヤル気が増すそうです。
そうしたら、すかさず2つ目の呪文である「それで?」を唱えるそうです。すると子どもはさらに深く考え込みます。

創造力を育てる

2016年05月17日

NPO法人 子どもアイデア楽工理事長である、山下敏樹氏の講演のダイジェストを読みました。
山下氏は、子どもの創造力を育てるには次の4つの言葉が大切であると説いています。

ギックリ腰になって感じること

2016年05月16日

ここ数日、私はこのようなトレーニングを一日何時間もしておりますので、かなり顔の若返りに効果が上がっていることと思います。
次回誰か顔見知りの人とあったときに、「鳥居さん、若返ったね」と言ってもらえるように精進致します。そして、それを楽しみに、このピンチを乗り越えようと思います。

ギックリ腰になって感じること

2016年05月13日

すると不思議なことに、痛みが少し和らぎます。また顔のシワも伸び、目尻や口角も上がり、でか目になるような気がしました。
そうすると、痛みで苦しい時も「これでますます口角も上がり目も大きくなり、若々しい顔になるぞ。ギックリ腰くんありがとう」と苦し紛れにでも思えるようになりました。

ギックリ腰になって感じること

2016年05月12日

しばらくして、面白いことに気がつきました。なぜ人は、痛みに襲われたとき、顔をしかめ眉間にしわを寄せるのでしょうか。このようなことを続けると、ますますシワが深くなり、人相が悪くなります。
そこで私は痛い痛いと顔をしかめるよりも、目を大きく見開いて笑顔を作りながら、「そうだね痛いんだね」と言うことにしました。

ギックリ腰になって感じること

2016年05月11日

例えば夜も寝られないような強い痛みがずっと続いたとします。 「いつまでこんな痛みが続くのか」とわめき散らす人がいるかもしれません。また不安でさらに眠れなくなってしまう人がいるかもしれません。それとは別に、「夜明けの来ない夜は無いさ」と考え「今は痛いけれど少しずつでも良くなるまで辛抱強く待とう」と冷静に対処する人もいる事でしょう。
私も、その両方の考えに揺れながら、その痛さに転げ回りました。

ギックリ腰になって感じること

2016年05月10日

私は畑仕事でギックリ腰になってしまい、寝たきりの生活ですが、それはそれなりに気づくことがたくさんあります。
1番感じる事は、誰にとっても同じ事でも、人によってその捕らえ方で、感じ方や考え方がまるで変わると言うことです。

ぎっくり腰

2016年05月09日

それと1番感じたのは妻への感謝です。もし私が1人だったとしたら、ぎっくり腰で倒れて人を呼ぶこともできません。ほうほうの体でベッドまで這いつくばっていっても、ただ床に伏せるだけです。お腹が空いても、ラーメンすら作ることができません。下手をしたら餓死してしまうのではという恐怖が走りました。
いつもは当たり前のような日常でも、このような妻の支えがあって私の生活があります。そのことをつくづく感じました。
皆様もくれぐれもお体にはお気をつけください。