社長ブログ、笑いと涙の奮闘記

わずか10屬良垰弋弔壁売り場

2015年07月31日

このような仕組みですから,お客は服を着たり脱いだりする手間もなく,試着できるそうです。
そして,その服が気に入ったら,その場で同社の電子商取引サイトにアクセスして注文ができるそうです。
私はこのシステムを知って,「これなら在庫リスクも減らせ,都心の高賃料の場所にも出店できるだろう。すごい仕組みを作ったものだ」ととても感心しました。

わずか10屬良垰弋弔壁売り場

2015年07月30日

その代わりに,高さ180僂曚匹梁膩娠嫋愁皀縫拭爾あります。お客が着てみたい服を選ぶと,カメラとセンサーがお客の体型を読み取り,自分に合うサイズの服を自動的に選んで画面に映し出してくれます。

わずか10屬良垰弋弔壁売り場

2015年07月29日

東京スカイツリーの中にある東京ソラマチ2Fの「アーバンリサーチ」という不思議なお店をご存知ですか。
このお店は服屋さんなのですが,服は一着も置いていません。

松浦武四郎

2015年07月28日

さて後年、武四郎は蝦夷地を旅し、アイヌ人たちと仲良くなり、その言葉を覚え、辞書を作ったり伝承されている民話を書き取ったりしています。アイヌ語には文字がありませんから、この著作は後年のアイヌ研究にとても役立っているそうです。私も好奇心にかられて、いろいろなところを旅してきました。今後は私も武四郎のように、何か人の役に立つ旅行記のようなものでも書いて見たいものだと思いました。

松浦武四郎

2015年07月27日

そのような背景があったので、その後、武四郎は矢も楯もたまらず、家出同然で旅に出ます。
ここで面白いのが、自宅との通信の仕方です。当時は「一生に一度はお伊勢参り」というのがはやりでしたから、旅先でお伊勢さんに向かう旅人とちょくちょく会います。
そこで、武四郎はそういう人と仲良くなって、手紙などを自宅に届けてもらいました。そして、そのお礼として自宅に一泊してもらえるよう、親に頼んだりしたそうです。
このようなエピソードは江戸時代の庶民の姿を垣間見るようで、とても興味深いものです。

松浦武四郎

2015年07月24日

NHKの歴史秘話ヒストリアは私のお気に入りのテレビ番組です。先日は、江戸から明治にかけて生きた、上記の人がとりあげられていました。
武四郎の生まれは伊勢神宮の近くで、生家がちょうど参拝する道沿いにあったそうです。そのため、子供の頃から,全国から来る参拝客と接し、いろいろな地方に興味を持っていたそうです。

鉄砲の伝来

2015年07月23日

何はともあれ、鉄砲の複製は2年で完成しました。そしてその後、鉄砲は瞬く間に堺や国友などの地で何百丁と作られ、長篠の合戦(1575年)などで活躍します。
鉄砲の伝来からたった30年でここまで鉄砲が作られ、使われた例は世界中に日本しかないそうで、日本人の技術の優秀さが感じられます。

鉄砲の伝来

2015年07月22日

清定はここで行き詰まったのです。その当時の日本にはネジの技術はもとより、ネジという概念すらなかったのです。ここで悩んだ清定は、自分の娘である若狭(わかさ)をポルトガル人の職人と結婚させることで、その技術を教わった、などの伝説も残っています。

鉄砲の伝来

2015年07月21日

その部分をいい加減に作ると、引き金を引いたとき銃身ごと吹き飛んでしまい、発射した人が大ケガをしてしまいます。その部分はそれほど大切なところなのです。
その部分には何と、ネジの技術が使われていたのです。

鉄砲の伝来

2015年07月17日

清定は,何とこの複製を2年で完成させました。この時、清定が一番苦労したのはどの部分だったかご存知ですか。パイプ状になった銃身の底の部分です。その部分には火薬が込められ、爆発する時に一番負荷がかかるところです。

鉄砲の伝来

2015年07月16日

時の島主種子島時堯は、これに金2千両(現在のお金に直すと約2千万円)を投じて買い求めました。そして、種子島在住の鍛冶職人 八板金兵衛清定にこの複製を作るよう、命じました。
もともと種子島は良質の砂鉄が採れるところだったため、鍛冶の技術が発達していた土地でした。そのことも鉄砲の複製の完成に寄与したようです。

鉄砲の伝来

2015年07月15日

そのような背景から、ポルトガル人の乗った倭寇の船はたまたま漂着したのではなく、鉄砲などを売る目的で日本を目指していたとも言われています。
ちなみに、私はこちらの説の方が納得がいくと感じています。
さて、ポルトガル人が上陸してからどうなったでしょうか。

鉄砲の伝来

2015年07月14日

この頃の日本は、戦国時代です。また、ヨーロッパでは大航海時代で、アジアやアメリカを目指してヨーロッパ人がどんどん進出していました。
倭寇やポルトガル人は、日本の現状にも詳しく、「こんな時代だから日本人に鉄砲を見せれば飛びつくに違いない」と思っても不思議ではありません。

鉄砲の伝来

2015年07月13日

今、私は色々と歴史を勉強しながら社会の教材を作っています。歴史を紐解いてゆくと、色々と面白い史実にぶつかります。
1つの例が鉄砲の伝来です。教科書によると、鉄砲の伝来は1543年に、種子島に倭寇の船がたまたま漂着し、そこに乗っていたポルトガル人によって、伝えられたとあります。

やればできる!

2015年07月10日

その記事には、「鳥になれると思った愚かな男」と書かれていたそうです。彼らはその言葉で魂に火がつき、飛行機づくりを決意したのだそうです。
飛行機づくりのポイントは、「空中での安定の確保」だそうで、その問題解決にはむしろ、自転車づくりのノウハウが役に立ったそうです。
そして、1903年12月に彼らは念願の夢を叶えたのでした。

やればできる!

2015年07月09日

皆さんは、初めて空を飛んだライト兄弟をご存知のことと思います。彼らは、お金持ちでも、才能に恵まれた研究者でもなく、ただの町の自転車屋さんでした。知識もゼロでした。
ある時、彼らは新聞でドイツの発明家リリエンタールが、自分が作ったグライダーで飛行中、墜落して死亡するという記事を読みました。

やればできる!

2015年07月08日

「人間の魂に火がついたら不可能は消滅するようにできている」という言葉があります。私の人生にも何回かピンチがあり、「本当にこの危機を乗り越えられるのだろうか。無理なのではないか」と思った時があります。
しかし、どの場合でも「進むしかない」という状況だったので、「やれるかな?」と思うより、「必ずやり遂げる!そのためにはどういしたらいいか」を考えるようにして、1つ1つを突破してきました。

LED照明

2015年07月07日

工事は3時間弱で完了し、新しいLED照明を点灯してみました。
消費電力は半分ながら、明るさは以前と同じです。蛍光管のようなチラツキ感はなく、何かとてもスッキリした感じがします。
もし今後、目や体の疲れ方が軽減されると感じられたら、さらに嬉しく感じることでしょう。

LED照明

2015年07月06日

LEDの管も昔に比べ、だいぶ安くなっているので、工事全体の費用も何とか捻出できそうでした。同じ明るさをもつ一本のLEDのW数は、蛍光管のほぼ半分ですから、月々の電気代は約半分になるはずです。それを考えると、今回の特別な出費は、およそ4〜5年で取り返せそうな計算となりました。

LED照明

2015年07月03日

そこで、私もやっと重い腰をあげ、知人の業者に工事の見積もりを依頼しました。それを見て、とても驚きました。
今回の工事では蛍光灯の器具を替える必要が無く、今の器具の中に入っている安定器の配線をいじるだけで済む、というのです。そのため、工事費が安く済み、あとはLEDの管の費用がかかるだけでした。

LED照明

2015年07月02日

ところが、ある人から「LEDも最近は随分安くなったよ」と聞きました。また最近、塾の校舎を移転して、その際に照明を全てLEDに替えた先生から、「照明をLEDに替えてから、目や体が疲れにくくなった」とも聞きました。

LED照明

2015年07月01日

皆様はLED照明のことをご存知だと思います。
私は、「LED照明は電気代の節約にはなるが、管自体が高いので、その代金のもとを取るには十年近くかかる」と思っていました。更に、事務所の天井に取り付けている蛍光灯は、器具自体を取り替える必要があると思っていたので、工事費もかかり、とても採算に合わないと感じていました。