社長ブログ、笑いと涙の奮闘記

お箸のマナー

2015年05月29日

私は、会食の時などにお刺身を食べる際、お刺身についた醤油が垂れぬよう、お刺身の下に手の平を置いていました。しかし、これは作法に反しているようです。正しくは、醤油皿を手に持っていただくか、手の平の代わりに懐紙をそえるか、だそうです。

無の境地

2015年05月28日

しかし、マイナス3点といっても、的の中心からたった15cmほどのズレです。
300m先の15cmのズレというのは、銃の先端がたった0.3mmほどズレた結果だそうです。少し雑念が入っただけにしても、ここまで正確に撃てるのだと、とても驚きました。その境地に至るには、繰り返し練習が不可欠で、それが無の境地に入る門だそうです。

無の境地

2015年05月27日

その時の井口さんの得点は、10点,9点,9点,9点,7点で、合計44点だったそうです。最初の4発は無心で撃てましたが、最後は少し雑念が入り、的の真ん中から少し右にそれてしまったそうです。それがマイナス3点の7点だったそうです。

無の境地

2015年05月26日

福岡県に94才になる外科医の井口さんという方がいます。井口さんは学生時代にライフル射撃で国体に出て、2年連続優勝を遂げました。
この競技は300m先の的に向かって1分間に5発弾を撃ち、その得点を競うものです。

思考体力

2015年05月25日

私も若い時はそのようなタイプで、深く考えることをせず、そのときの気分や一時的な感情で物事を決めてしまい、よく失敗をしました。
「思考体力」は、「運動体力」と同じく、トレーニングが大切です。
私もますます「深く考える習慣」を磨き続けていこうと思いました。

思考体力

2015年05月22日

それが「思考体力」です。「思考体力」を簡単に言うと、「考え続ける力」のことです。
確かに、考えることを面倒臭がる人はあまり深く考えず、「まあ、こんな感じでいいか」と妥協してしまいがちかもしれません。

思考体力

2015年05月21日

先日、東京大学先端科学技術研究センターの教授をしている、西成活裕氏の講演をまとめた文章を読む機会がありました。
その中に「思考体力」という言葉があったので、とても興味を覚えました。
氏は長年、さまざまな分野の方々とおつきあいをしてきて、「成功する人には共通点がある」と気付いたそうです。

イスラームの日常世界

2015年05月20日

最近、ピケティの経済学が注目され、世の中の貧富の差の拡大に目が向けられています。また、仕事に没頭することが「善」であるような風潮も見られます。
一方、イスラームでは「弱いものを助ける」「ゆとりやくつろぎを大切にする」などが重要視されます。
世界全体を見ると、お金持ちや強い人がどんどん強くなり、その対極にある弱い人はますます弱くなり、将来に対して絶望的になるという傾向も見られます。

イスラームの日常世界

2015年05月19日

これも「恋は病気の一種で、人間が弱っているときにするものである」という考えが根底にあるようです。また、飲酒を禁ずるのも、「人間は弱いので、お酒に溺れやすい。よって飲まない方がよい」という論理のようです。一方、人間の弱さを認めるイスラームでは、弱い人・病人・貧しい人などに手をさしのべるのが習慣になっているのだそうです。

イスラームの日常世界

2015年05月18日

例えば、女性の全身を覆う衣装がその一例です。「人間は弱い存在なので、誘惑に負けやすい。そのために、誘惑に惑わされるような状況をつくるべきではない。」特に女性が長い衣服をつけるのにはそのような意図があるそうです。
また、結婚にしても「お互いを永遠に愛します」などと誓うことはせず、結婚に際しては、離婚の時はどうするかという具体案を取り決めておくのだそうです。

イスラームの日常世界

2015年05月15日

近代の西欧社会は、「人間は強いものだ」また「強いことはいいことだ」という考え方が支配的となり、工業化、近代化が飛躍的に進みました。その結果、強いものが勝つ社会ができあがり、弱者を切り捨てる風潮が高まりました。
一方、ムスリムの人間観は、「人間は本来弱いものである」という認識が基本になっているようです。

イスラームの日常世界

2015年05月14日

上記の本を紹介する文章を読み、イスラームについて少し理解できたような気がしました。
御承知のように、イスラーム世界は、世界中にどんどん広がっています。一般的に多くの宗教は人間の精神の救済や、心の問題を重要視しています。一方、イスラームは宗教というより、生活の全体や文化の総体を指すようです。
つまり、イスラームは宗教として捉えるのではなく、資本主義や共産主義などと同列に考える方がいいのではという学者もいるほどです。

リニア新幹線

2015年05月13日

最悪の場合が火災事故でしょう。現在の新幹線なら、トンネル内での火災事故が起きても、乗客は何劼歩けばトンネルの外に脱出できます。しかし、86%がトンネルというリニア新幹線で、火災事故が起きたら、その時はどうなるのでしょうか。
東京―大阪間が1時間程度で行き来できるようになるという便利さだけに目を奪われると、このような重大な問題を考える視点が失われてしまうように感じます。

リニア新幹線

2015年05月12日

その点、リニア新幹線はどうなのでしょうか。例えば、厳冬に南アルプスの地下でリニア新幹線が止まってしまったら、どうなるのでしょうか。
たとえ、乗客が非常口を千m以上昇って地上に出たとしても、そこは厳冬の南アルプスです。このように、事故が起きたときの状況は、現在の新幹線とは全く違うように思われます。

リニア新幹線

2015年05月11日

それに加えて、もし事故が起きたら、その時乗客はどう避難するのでしょうか。
現在の新幹線でも、故障や事故はあります。その時乗客は、最寄りの駅まで誘導されたり、最悪の場合は線路に下りて歩いて避難することもできます。

リニア新幹線

2015年05月08日

時速600劼盻个擦襪箸いΕ螢縫⊃郡汗は、本当に必要なのでしょうか。
もし完成したとしたら、大阪からあっという間に東京に行けて便利かも知れません。しかし、リニア新幹線はその全長の86%がトンネルとのことです。そしてそれは、南アルプスの地下を通るそうで、大切な地下の水脈を壊しかねないなどの問題も抱えています。

静岡県のとある凄い塾

2015年05月07日

20年程前に運営していた私の塾も、基本的には同じような方針をとっていましたが、その内容と指導の徹底ぶりは比較にならず、ただただ脱帽しました。確かに、不況や少子化が塾の市場を厳しいものにしているかもしれませんが、徹底的にやれば、まだまだ道は開けるものだと確信しました。