社長ブログ、笑いと涙の奮闘記

静岡県のとある凄い塾

2015年04月28日

そこでは、中1〜中3までの各学年を、各12名、3〜4クラスに分けた集団指導をしています。専任講師は、塾長、その奥様、他3名の5名で、各自1科目担当の責任指導体制をとっています。
指導内容を聞いて、ビックリ、「そこまでするのか!」というほど徹底しています。

静岡県のとある凄い塾

2015年04月27日

ご存知のように、静岡県には、有名校にたくさんの入学者を出す大手有名塾がいくつかあります。しかし、地方塾でも数ではなく、合格率でそれらを上回る実績を出しているところもあります。
先日、その塾を経営している先生の話をお聞きして、衝撃をうけました。

トムソン・ガゼルの行動

2015年04月24日

ここで一番大切なことは,人の役に立とうと考える前に,まずは「利己を貫くこと」。つまり,「自分自身の能力を高めたり,絶えず成長させることを心掛けること」だそうです。
確かに,スポーツでも勉強でも仕事でも,自分自身の能力の向上を目指していけば,結果的に人を楽しませたり,人の役に立つことができます。
特に若い人々においては,「自分自身の能力を高める」ということに,最も力を入れるのが良いように思います。

トムソン・ガゼルの行動

2015年04月23日

その考えをこのガゼルの話に当てはめてみます。ライオンの前に跳びだしたガゼルは,利他主義のように見えますが,その根底は利己主義です。つまり,「自分の持って生まれた,または磨き抜いた能力を生かす」という点においては,利己主義なのです。その利己主義を貫き通す結果として,仲間の皆が助かるという「利他」につながるというのです。

トムソン・ガゼルの行動

2015年04月22日

このガゼルの話を引用して,ある人は私に「利己主義」と「利他主義」のことを教えて下さいました。
一般的に,利己主義というと「自分中心で,自分の都合のいいことしか考えない」と思われています。また,利他主義というと,「自分自身を犠牲にして,回りの人のために尽くす」と考えられています。しかし,別の見方では,「利己主義を追求することが終局的にまわりの人を幸せにする」とも考えられています。

トムソン・ガゼルの行動

2015年04月21日

そのガゼルは,その行動を悲壮感に浸ってやっているわけではなく,むしろ,楽しんでやっているようです。つまり,そのガゼルはライオンの前でピョンピョン跳びはね,「捕まえるものなら捕まえてごらん」という感じのゲーム感覚でやっているようなのです。
そして,そのようなガゼルの行動の結果として,弱いガゼルや,ガゼルの子供が救われるという構図のようです。

トムソン・ガゼルの行動

2015年04月20日

何とそのガゼルは,敢えてライオンの前に立ちはだかり,ピョンピョン跳ねたりして,ライオンに対し「食べるのなら私を食べて下さい」というような行動をとるのです。
私は今までこの行動を,仲間を逃がして助けるための「自己犠牲的行動」と思っていました。しかし,最近の学者の研究からすると,どうもそうではないようです。

トムソン・ガゼルの行動

2015年04月17日

皆さんは,テレビの動物の番組などで,アフリカなどに住むトムソン・ガゼルという動物についてご存知のことでしょう。トムソン・ガゼルは草原で群れをつくり,草を食べて生きています。そして時折,運悪くライオンなどに襲われて,食べられたりします。
群れがライオンなどの肉食動物に狙われたとき,一匹の勇敢なガゼルがびっくりするような行動にでるということをご存知でしょうか。

京都に来る観光客

2015年04月16日

日本人は一般的に、自己主張をするより、まず相手の立場や気持ちを考えます。そのため、引っ込み思案のように思われますが、そこが日本人の美徳とも考えられます。
外国の人が日本に来て、そのような日本文化に触れたら、ぜひその良さを自国に持って帰り、広めてくれたらと感じます。そして、世界中にそれが広まれば、もっと暮らしやすい世界になるのではないでしょうか。

京都に来る観光客

2015年04月15日

私の知人は、京都にある有名な焼き肉店に勤めています。その人から、京都に来る外国人観光客の団体さんについてのエピソードを聞きました。
まず全体的に言えるのは、日本人のお客に比べて、食べた後が見苦しく、片づけが大変だとのことでした。日本人の中にもそのような人がいますが、あと片づけをする人の気持ちを考えるまでの心配りがないのかも知れません。

無学祖元禅師

2015年04月14日

私はこの事実を知って,このお二人は外国の侵略から日本を守るために,お生まれになったのではないかと感じました。
日本は,このような先人達の並々ならぬ努力によって,今があるのだと感じ,先人達への深い感謝の念が沸き起こりました。

無学祖元禅師

2015年04月13日

この時、日本に襲来した元軍は何と14万。文永の役の実に5倍です。この時の時宗は31才。心が張り裂けるほどの恐怖感にさいなまれていたのではないでしょうか。時宗は無学租元禅師に助言を求め、心の安らぎを得て元軍に立ち向かいます。その後、御承知のように台風が来て、日本は何とか救われました。
時宗はその後,国家鎮護と蒙古襲来による殉死者を敵味方なく供養するために,円覚寺を開創しました。そして時宗は,弘安の役の3年後(34才),無学租元禅師はその2年後(61才)に亡くなられました。

無学祖元禅師

2015年04月10日

当然強い恐怖感にさいなまれていたと思いますが、その時、時宗はいささかも動じる様子がなかったと言われています。
やはり、禅で鍛えた心と身体がそのような時宗をつくったのでしょうか。
その後、時宗はやはり、南宗から無学租元禅師を招きます。無学租元禅師は54才でありながら、厳しい航海を経て来朝し、建長寺の住持となりました。そして、時宗を支えました。
弘安の役が起きたのは、無学租元禅師が来朝した2年後のことでした。

無学祖元禅師

2015年04月09日

このような時に,一度目の元寇である文永の役が起きます。この時,時宗は24才,元軍は3万とも言われる軍勢で,まずは対馬と壱岐を攻め,島民のほとんどは虐殺されました。
その後,元軍は博多に上陸し,日本軍は太宰府まで後退するというピンチに陥りました。この時の時宗の心境はどうだったでしょうか。

無学祖元禅師

2015年04月08日

時は鎌倉時代,元寇の時の執権時宗の父時頼公は,南宗からある高僧を招き,建長寺を開山しました。息子の時宗も禅の修行に励み,指導者としての資質を磨きました。

シンガポールの秘密

2015年04月07日

その理由は明白で、個人所有にしてしまっては、国家が目指す国作りに支障をきたしてしまうからだそうです。
このような大胆な手法は、小さな国だからとれるとは思っています。しかし、ふりかえって日本を見てみると、日本ももっと「なりたい国家のイメージ」を強くもって、それに向けて突き進むことも大切ではないかとも考えられます。

シンガポールの秘密

2015年04月06日

例えば、街の清潔さについても、「世界中から多くの人に来てもらうのだから、清潔さは必須だ」と考え、ゴミのポイ捨てやタンの吐き捨てには多額の罰金を科すことで、それを実現しました。
チューインガムに至っては、それを持っているだけでも数十万円の罰金が科せられる、というほど徹底しているそうです。
また、資本主義国家でありながら、土地の個人所有を認めず、国家所有だそうです。

シンガポールの秘密

2015年04月03日

その秘密は、私は「国家戦略の有無」だと思います。つまり、故リー氏の頭の中に「こんな国家にしたい!」という強いイメージがあり、それを少しずつ実現していった結果、今のシンガポールがあるのではないでしょうか。
シンガポールの建国当初には、ヒトもカネも天然資源も水も、まともにありませんでした。そのような現状の中で、故リー氏は「世界の中での物流や金融の拠点になろう」と考え、それに向けて1つ1つ着実に手をうっていったようです。

シンガポールの秘密

2015年04月02日

私の友人の一人で、シンガポールの塾で講師をしていた人がいます。以前、彼のお誘いでシンガポールに行ったことがあります。
シンガポールという国は、ほぼ東京23区と同程度の広さで、人口は東京の約半分です。故リー・クアンコー氏は、そのような小さな国をどのようにして、1人当たりGDPアジアナンバーワンの国に仕立て上げたのでしょうか。

定価販売に異議あり?

2015年04月01日

このシステムは、ポイントカードと連動していて、来店頻度の高い人には割引率を高めるなどの操作が可能になっているようです。
そのシステムがうまく稼働すれば、顧客の囲い込みは、ますます完璧になるような気がします。
これからの日本はますます人口減が進むので、このようなサービスをいち早く取り入れたところが、勝ち残っていくのかもしれません。