社長ブログ、笑いと涙の奮闘記

スリムになったメルケル首相

2014年06月30日

ドイツのメルケル首相が最近めっきりスリムになったと評判なのはご存じですか。 
私は健康やダイエットについても興味があるので、その方面のこともよく調べていますが、氏の生活習慣の変化を見て、「やはりその努力は理にかなっている」と感心しました。

タネが危ない

2014年06月27日

野口種苗研究所の代表をつとめる野口勲氏は、各地域で受け継がれてきた昔ながらのタネばかりを「野口のタネ」として販売しているそうです。
今や遺伝子組み換えの野菜や穀物が流通している時代ですが、その安全性は疑問視されており、野口氏のような存在がとても貴重なことだと感じます。

タネが危ない

2014年06月26日

そこで現在心配されているのは、そのようにおしべがなくて、子孫が作れないような野菜ばかり食べて体に影響がでないか、ということです。
最近ミツバチが忽然と姿を消すという現象が起きています。この現象も、遺伝子組み換えの植物と関連があるのでは、と言われているそうです。

タネが危ない

2014年06月25日

しかし、ここに問題があります。F1種のメリットが現れるのは一代目だけですから、農家は毎年海外採取のタネを種苗会社から買わねばならないのです。
ところがそのタネの主流は、花粉のない母親の遺伝子を受け継いだ、男性機能がない野菜を作り出すものだと言います。

タネが危ない

2014年06月24日

今の日本の農業は、ほとんどが海外から仕入れたタネで賄われています。そのタネはF1種とよばれ、雑種一代目の品種です。
メンデルの法則からわかるように、雑種一代目は優性の形質しか出ません。そのため、作られた野菜は見た目がすべてそろったものとなります。それは農家にとってとてもありがたいことです。

タネが危ない

2014年06月23日

皆さんが家庭菜園を始めるとします。その時に植える種はどうしますか。まずタネを買うことでしょう。
では次に、来年のタネはどうしますか?私は「今年できた野菜のタネをとり、それを来年植えればいい。」とごく単純に思っていました。今や、その考えは大きな間違いです。

そろばんブーム

2014年06月20日

それもふまえて上手に運営したいものです。
ちなみに、そろばんブームの影響を受けてか、「そろばん」自体が品薄となり値段も上がっているようです。そろばん教室開設にあたっては、そのようなことも考慮することが大切なようです。

そろばんブーム

2014年06月19日

しかし、そろばん教室は単価が安いこともあり、塾とは違う運営ノウハウが大切なようです。
そこをクリアーし上手に運営すると、そこで集まった生徒が塾のコースの方にも参加してくれる可能性も広がります。

そろばんブーム

2014年06月18日

 今、塾でそろばんを教えるところがふえています。そろばん教室を開校し、そのためにチラシを3千枚配布したらわずか1ヶ月で30名の入会者があったという報告もあります。
 かつてのパソコン教室のような動きに似ています。

富士山とカニ

2014年06月17日

日本人からみれば、「なぜ富士山でカニなんだ」とか、いろいろな意見も出ることでしょう。しかし、外国人
にしてみれば、短い滞在中に「日本らしさ」を満喫できれば十分満足できるはずです。
このような例を見ると、やわらかい発想がとても大切だと感じます。
ところで、日本に来る外国人の不満の1つが、「日本では英語が通じにくい」ことだそうです。これからはもっと「話せる英語」が必要なようです。

富士山とカニ

2014年06月16日

  日本の魅力の1つとして富士山もあげられます。このような美しい山は世界中を探してもめったにありません。
  その富士山とカニを上手にセットして大成功したホテルが山梨県の河口湖温泉郷にあります。そこで「 カニの食べ放題プラン」を実施したところ、アジアからたくさんの観光客が訪 れ、連日大盛況だそうです。

富士山とカニ

2014年06月13日

 外国から日本を見ると、日本には外国にない、魅力的なものがたくさんあります。
  例えば「雪」がそうです。日本の雪の量や質の良さは、アジアはおろか、世 界中を見渡しても比べものがないようです。 そのため北海道のニセコなどには、オーストラリアやヨーロッパからも、た くさんのスキーヤーやスノーボーダーが集まってきます。
  また北海道は、カニなど食べ物がおいしいことでも有名です。

富士山とカニ

2014年06月12日

 日本に来る外国人が少しずつ増え、昨年は初めて1千万人を超えました。とはいっても、フランスを訪れる観光客の数は、8千万人を超えていますし、ロシア、マレーシア、香港は3千万人以上、韓国でも1千万人を上回っています。
日本は多くの観光資源を持っていますが、まだまだそれは宝のもちぐされのようです。

日本人の長寿はもう続かない?

2014年06月11日

 今日本では、非正規雇用の人たちの割合が昔に比べ35%と増大しています。そして正規雇用の人たちとの格差も広がっています。
 このような傾向が続くとどうなるのでしょうか。
 その結果、日本はアメリカと同じような道をたどるかも知れません。
 今まで培ってきた日本人同志の絆を今後とも強くもてるような社会をつくることが大切なのかも知れません。

日本人の長寿はもう続かない?

2014年06月10日

 すると、それにさらされた人々はドラッグの乱用に走ったり、自殺願望が高まったりするそうです。
 それが平均寿命低下の大きな要因になっているそうです。
 では、これからの日本はどうなるのでしょうか。

日本人の長寿はもう続かない?

2014年06月09日

 ハーバード大学教授のイチロー・カワチ氏によると、社会における格差や不平等をはかるものさしである「ジニ係数」と、寿命には相関関係があるとのことです。
 アメリカでは、格差社会が強まり、それがストレスを生み、連帯感を擦り減らしているそうです。

日本人の長寿はもう続かない?

2014年06月06日

 2013年、OECDが発表したデータによると、日本人の平均寿命は82.7歳でスイスの82.8歳に抜かれてしまったそうです。
 かつて平均寿命の高かったアメリカは、34カ国中の26位と転落してしまいました。
 このような背景から何が読み取れるのでしょうか。

近畿大学の入学式

2014年06月05日

 それらの努力が実り、今年近畿大学は一般入試で志願者数で全国トップの10万5890人を達成したのです。
 やはり、ちょっとした改良や変化でお茶を濁すのではなく、「大ナタを振るって改革する」という意気込みと行動力が大切なようです。

近畿大学の入学式

2014年06月04日

 それが功を奏し、新入生の意識が大きくかわっていったそうです。
 また、「近大マグロ」に象徴されるように、キャンパスや施設ごとに独立採算制をとるシステムなどをとり入れ改革していったそうです。

近畿大学の入学式

2014年06月03日

 そこで2004年当時の理事長が大英断を下しました。
 彼らの心に向学心と愛校心の火をつけるために、「この大学は凄い!」と思わせるような入学式をやろうと決めたそうです。
 そして、その企画と運営を若手の職員だけにまかせ、上層部は干渉しない仕組みを作ったそうです。

近畿大学の入学式

2014年06月02日

 ではいったいなぜこんな入学式をするようになったのでしょうか。
 その背景にあるのは、しぶしぶ近畿大学に入学を決めた「不本意入学生」の存在だそうです。
 彼らは第一志望を滑り、不本意ながら入学してきた生徒です。ですから入学時からすでにヤル気をなくしている生徒が多かったそうです。