社長ブログ、笑いと涙の奮闘記

鉄砲の伝来

2014年04月25日

「倭寇」と言うと「海賊」というイメージですが、本当のところは13世紀から16世紀にかけて韓半島や中国沿岸に出没した海の民の総称で、海上国家ともいうべきものだったそうです。また構成員も必ずしも日本人とは限らないようです。
さて当時の日本は室町幕府の力が弱まって、群雄割拠の時代となり、領地のぶんどり合戦が始まっていました。
そんな日本の状勢を知っている倭寇が、「鉄砲を日本に持ち込んだら一儲けできるのでは?」と考えても不思議ではないでしょう。

鉄砲の伝来

2014年04月24日

たまたま漂着した船に鉄砲が積んであっても、その時代の背景と合わなければ、無視されたことでしょうし、以後広まることもなかったでしょう。
この疑問を解くには、当時の日本や世界の状勢を把握することが大切です。
鉄砲が伝わったとされる16世紀は、「倭寇」と呼ばれる海上国家が栄えていました。

鉄砲の伝来

2014年04月23日

最近私は日本や世界の歴史に凝っています。いろいろ調べていくと、「本当に教科書で伝えられていることは正しいのか」ということによく気付きます。
例えば「鉄砲は1543年にたまたま種子島にポルトガル人が漂着したので伝わった」という通説があります。
しかし、たまたま漂着したから伝わったのでしょうか。

「やめる」習慣

2014年04月22日

私もその日の社員への日報を思い出しながら書いていましたが、1つの仕事が終わるごとに
書き留めるなどしたら、もっと早く書けるものだとヒントになりました。
この本にはその他の有益な方法がいろいろと書かれていました。
参考になることを取り入れていって、ますます時間を有効に使おうと思います。

「やめる」習慣

2014年04月21日

さらにそれを1件ごとに切り分けるにはどうしたらいいでしょう。それはスマホなどについて
いる「ICレコーダー機能を使う」などが考えられます。
つまり、1回の報告が終わり、次の訪問先へ移動する最中に、その報告を音声でスマホに
吹き込んでしまうのです。そして、その日のうちにそれを文章化してしまうというわけです。

「やめる」習慣

2014年04月18日

そのことについて古川氏は、「チャンクダウンとベビーステップが大切だ」と述べています。
チャンクダウンとは、「大きなかたまりを切り分ける」ということだそうです。
例えばAさんは、1週間で5日間、1日5件の訪問25件分の報告を週末に一度に片付け
ようとしていました。まずそれを、1日ごとに切り分けるのです。

「やめる」習慣

2014年04月17日

ここに、営業マンのAさんがいるとします。彼は毎日営業日報を書くのが苦手で、いつも
まとめて1週間分を残業して書いていました。しかし、1週間分をまとめて書くとなると、
思い出すのにも時間がかかる上、正確な記述ができず、いつも上司に叱られていました。

これも、「先延ばしする」の典型ですが、こんな場合は具体的にどうしたらいいのでしょうか。

「やめる」習慣

2014年04月16日

スマホ依存症の見分け方は、「スマホを2時間くらい家に置いて外出すること」だそうです。
置いてきたスマホがどれだけ気になるかで、依存度がわかるそうです。
第3位は、「つい食べ過ぎてしまう」、第4位は、「夜更かしして、寝不足になる」、第5位は、
「無駄遣いをしてしまう」だそうです。

「やめる」習慣

2014年04月15日

まず、「悪い習慣」の第1位は、「嫌なことを先延ばしする」ことだそうです。確かに嫌なこと、
面倒くさいことは、後回しにしたくなりますね。
第2位は、「ネットやスマホに依存している」だそうです。スマホをいじっていると、あっとい
う間に30分、1時間が過ぎていたということもあります。中高生のスマホ依存も学力低下
や生活の乱れにつながるので要注意です。

「やめる」習慣

2014年04月14日

だれでも1つくらいは、「やめたくてもやめられない習慣」というものがあるかも知れません。
かく言う私は、「ついついお酒を飲みすぎて、翌日になって後悔する」ということです。

そこで習慣化コンサルタント古川武士氏の書いた上記の本を読んでみました。

「根回し」の語源

2014年04月11日

その言葉が「物事を行う際に、事前に関係者から了解を得ておく」
という意味に転じたのは割合最近のことだそうです。

「根回し」の後に大切なことは、木のその根を「天日に当ててやる」
ことだそうです。

新しい改革をする際に、「根回し」も大切ですが、それと同時に、
皆にそのテーマをオープンし、全員が納得した上で進めることも重
要です。そうしないで「根回し」だけで事を進めると「根ぐされ」
をおこしてしまうことでしょう。

「根回し」の語源

2014年04月10日

「根回し」という言葉は、政治家などがする、「水面下の交渉」と
か「裏工作」などのネガティブなイメージがするものです。この言
葉の語源は、園芸に関係するそうです。

樹本を移植する際には、数ヶ月から数年にわたって広がった根を根
元を中心にして残して切るそうです。これは、新しい根の生長を促
すことで新しい土地に根づきやすくするためだそうです。

少しだけ無理をして生きる

2014年04月09日

そのため野上さんの担当者の人は、何を聞かれてもいいように、常
日頃からの勉強が大変だったそうです。

ふつうの人は年令が高くなるほど昔話がしたくなるものですが、野
上さんは「これから先のこと」しか興味がなかったようで、尊敬の
念を抱きます。

私もたえず新しいことに挑戦し続ける人間になりたいものです。

少しだけ無理をして生きる

2014年04月08日

90才を超えてもなお現役の作家活動を続けられていた方として、野
上弥生子さんがおられます。

野上さんは編集者の人が自宅を訪れるたびに、その折々の政治問題
や社会問題について「あなたはどういう意見か」と聞かれたそうで
す。

少しだけ無理をして生きる

2014年04月07日

この言葉は、城山三郎氏の本の題名になっています。

人間はなまけもののところがあって「箱の中に入って安住しようと
する」傾向もあります。

一方、魅力的な人間は、「その箱から出ようとして、努力し続ける
人」といってもいいかも知れません。

スマホ亡国論

2014年04月04日

ネット依存とアルコールや薬物依存との根本的な違いは、「ネット
依存者には後者が味わうような葛藤がない」とのことです。そのた
め、治療がむずかしく、対策が追いついていないのが現状のようで
す。

もし、これを放置すれば、日本の国力の低下すら招きかねない深刻
な状況になりかねないそうです。

韓国などでは、16才になるまでは夜12時から朝6時まではオンライ
ンにアクセスできないなどの規則を定めているそうです。

塾としても、塾生のスマホの使用については、学力低下にも繋がり
かねないことなので、注意して見守ることが大切と思われます。

スマホ亡国論

2014年04月03日

私自身は一応フェイスブック(FB)やラインに登録してそれらを
利用していますが、それに熱中すると自分自身が大切にしている時
間が削られてしまうので、ほどほどにしています。

しかし、中学生などまだ確固とした自分自身を築けていない人は、
ついずるずると使い続けてしまうのかも知れません。

スマホ亡国論

2014年04月02日

樋口氏の病院を訪れた中学生Aさんは、スマホを使い始めて半年ほ
どの間に、夜中の2時、3時まで画面を見るようになり、その使用
時間は1日10数時間にも及んでいるとのことです。

当然、睡眠時間が減るため、翌朝起きられず、学校も休みがちになっ
てしまったそうです。

親がスマホを取り上げようとすると、血相を変えて怒り、暴力まで
振るうようになってしまったそうです。

スマホ亡国論

2014年04月01日

久里浜医療センター院長樋口進氏は文藝春秋3月号に「中高生を蝕
むスマホ亡国論」という論文を掲載しました。

現在ネット依存が疑われる中高生が52万人もいるというのです。

現在の中高生のスマホ所有率は中学生で25%、高校生で56%だそう
です。1年前はその数字がそれぞれ、5%と7%だったことを考え
ると、スマホの急激な普及が見てとれます。

「スマホ依存」の典型的な症状は、「睡眠の質が落ちる」ことと、
「気分が落ち込むことが多い」というものだそうです。