社長ブログ、笑いと涙の奮闘記

どうせやるなら

2013年02月28日

時間に追われて仕事をしているときなど、「少しでも楽をしたい。
適当にすませようか」などの気持ちが心をよぎることがあります。

しかし、その心を許してしまうと、手抜きをした雑なできばえになっ
てしまい、後々に会社の信用にも響く結果になります。

このようなとき、「どうせやるなら」という言葉が有効です。

「どうせやるなら、いい仕事をしてまわりに喜んでもらおう」と考
えると、前向きに仕事に取り組めます。

出町商店街

2013年02月27日

私共の会社の近くに、昔ながらのアーケード街である出町商店街が
あります。

この商店街は、小浜などに通じる鯖街道の出発口として知られる歴
史あるところです。

今は昔ほどの賑わいはありませんが、シャッター通りともならず、
各商店が知恵を集めていろいろなイベントを催したりと、とても活
気があります。

最近この商店街に観光客が多く集まっています。それはこの商店街
があるアニメの舞台になったからです。各商店街が協力してコツコ
ツと協力している姿が、アニメ作家の心にふれたのかも知れません。

質問の大切さ

2013年02月26日

それならば、「この前の数学のテストでは、少し残念な結果だった
けど、この次のテストでは、どのようにしたいと思っている?」と
いうように未来に向けた質問をすると良いでしょう。

このように、同じ話題でも質問の仕方によって、生徒や職員のヤル
気が大きく変わります。

これを知って、私も人に対して言葉をかけるときには、どのように
言ったら良いかをしっかり考えてから行うようにしようと感じまし
た。

質問の大切さ

2013年02月25日

もう1つは「開いた質問」です。

これは「今度の数学のテストでは何点とりたいの?」などの質問で
す。

この質問に対しては、何通りかの答えが予想され、それによって話
をつないでいくことができます。しかし、このような質問にも注意
が必要です。

例えば、「なぜこの前の数学のテストでは50点しかとれなかった
の?」などと質問したとします。これは過去質問と言い、相手は責
められているように感じます。

質問の大切さ

2013年02月22日

1つは「閉じた質問」です。

これはYESかNOで回答することができる質問です。

例えば「宿題はもうやったの?」などの場合です。このような質問
の仕方では、「ああ、やったよ」などの答えしか返ってこず、会話
は止まってしまいます。

そのため、もっと質問に工夫を払う必要があります。

質問の大切さ

2013年02月21日

皆さんは、生徒や職員の方にどのように質問をしているのでしょう
か。

私は(資)マネジメント・ブレイン・アソシエイツの井上郁夫さん
の文を読んで、とても感動しました。

質問には、会話を促進したり、相手に思考を促したり、気づきや発
見の機会を提供し行動を促すなどの力があります。

また質問には、次のように2つの種類があります。

雑談力

2013年02月20日

斉藤先生は、雑談力を「人と人とのコミュニケーションを強固にす
るために不可欠なもの」と述べています。

私はそれに対して「なるほど」と思いました。つまり雑談は一つの
コミュニケーションを高めるためのツールであって、中味はなくて
もかまわないのです。

確かに、自分自身を振りかえってみると、「鳥居さん、最近調子は
どうですか?」などと声をかけてくれる人には好感を持ちます。一
方、必要なことしか言わない人には「私のことをあまり良く思って
くれていないのかな?」などと敬遠するきらいがあります。

こうして考えると、やはり「雑談は大切である」と感じられます。
今後私は「笑顔」とともにつとめて「声をかけ雑談する」ことを心
がけようと思いました。

雑談力

2013年02月19日

例えば、「今日はいい天気ですね」とだれかに話しかけられたとし
ます。ある人はそれに反応し、天気の話で盛り上がるかも知れませ
ん。また別の人は「天気がいいことくらい、空を見ればわかるだろ
う。そんなあたりまえのことなどなぜ話題にするのか?」と、わず
らわしく思うかも知れません。

いったい雑談には何の意味があるのでしょうか。

雑談力

2013年02月18日

先日、「声に出して読む日本語」で有名になった斉藤孝先生の雑談
力に関しての本を読みました。

一般的に男性は「必要なことしか言わない」という傾向があると思
います。私自身もその一人で、会話にしても必要なことしか言わな
い方です。むしろ「雑談などは時間の無駄」とさえ考えていました。

「心身一如」の精神

2013年02月15日

答えは「美しいとはいえない」です。その行為は1度に2つの動作
をしているため、心と身体がバラバラとなり、美しいとは感じられ
ないのです。

やはり、新聞を読むときは読むことに没頭し、朝食をとるときは朝
食を味わうことに集中すべきなのでしょう。それは即ち、私にとっ
ては朝食を作ってくれた妻への感謝や誠意にもつながることになる
でしょう。

最近、スマホや携帯をいじりながら歩いたり、自転車にのっている
人の事故が増えています。これも「心身一如」の精神にはずれてい
る行動です。その事故は、その精神の欠如が招いている結果なので
しょう。

「心身一如」の精神

2013年02月14日

人間の行動を観察していて「美しい!」と感じるときは、「1つの
ことに集中しきっている」ときです。

茶の湯、生け花などの芸事、フィギュアスケートなどのスポーツに
しても、主体者がその直面する動作に没頭しているので、美しいと
感じるのです。

では、新聞を読みながら朝食をとっている姿はどうでしょうか。

「心身一如」の精神

2013年02月13日

「心身一如」とは、心と身体を1つにするということです。

新聞を読みながら朝食をとるということは、心は「新聞を読むこと」
にとらわれていて、身体は「朝食をとる」ということにとらわれて
います。

つまり、心と身体はバラバラであるということになります。

「心身一如」を徹底するということは、「1つのことをするときは
1つのことに集中し、その他のことに心や身体を奪われない」とい
うことです。

「心身一如」の精神

2013年02月12日

私は物事を能率良くすることを重視する性格です。そこで、1度に
2つの動作をして、時間を有効に使うことなどをついつい考えます。

例えば、新聞を読みながら朝食をとるなどです。

しかし「心身一如」という言葉を知ってから、それは見苦しい動作
なので極力やめるようにしています。

マイレージ、マイライフ

2013年02月01日

ライアンの生き方は、「バックパックに入りきらない人生の荷物は
背負わない」という合理的なものです。またマイレージで1000万マ
イルを達成するのをささやかな夢としています。

そのように「人を切る」ことで生きてきたライアンですが、次第に
「人とのつながり」の大切さに気付いていきます。

この映画を見て、合理的なサバサバした生き方もいいが、しみじみ
と感動し、楽しい人生を送るのは、やはり「人とのつながり」が大
切だと再確認しました。