社長ブログ、笑いと涙の奮闘記

千円床屋さん

2012年11月30日

一方、私がドイツでアルバイトをしていた時に、ドイツの床屋さん
で散髪してもらったことがあります。

そこではまるで、庭の草木を刈るように、バサバサと髪が切られて、
ものの10分ほどで終わってしまったことにビックリしました。

多分、その動作の裏には「どうせまたすぐ伸びてくるものだから、
それなりに刈ればいい」というドイツの合理的思考があるように感
じました。

千円床屋さん

2012年11月29日

いつも私の散髪は、近所の昔ながらの床屋さんでおねがいしています。

お年を召したおじさんと、よもやま話をしながら小一時間かけてやっ
てもらいます。すみからすみまでとても丁寧にしてもらえ、まるで
芸術品なみの仕上がりです。

これが日本人の仕事ぶりなのでしょうか。明日になれば、そのセッ
トもくずれてしまうのですが、その精神は日本古来の「一期一会」
の世界のようです。

北のカナリアたち

2012年11月28日

また映画の何シーンかに雄大な、そして荒々しい利尻富士が映し出
されています。

利尻岳は映画のシーンと同じように、まだ雪の残る頃、往復12時間
かけて登頂しました。

今回の映画で、改めてその山容を見ると「よくも登ったものだ」と
なつかしく思い出されました。

この映画はストーリーの面白さとともに北海道の自然の厳しさや美
しさを満喫できる素晴らしい作品だと思います。

北のカナリアたち

2012年11月27日

私がこの映画を気に入ったもう1つの理由は「ロケ地」です。

私は北海道の自然が好きで、この映画が撮られた利尻島や礼文島に
も行ったことがあります。

映画の1シーンに子どもたちがお花畑の中を歌を歌いながら歩いて
いく場面があります。それを見た時、礼文の美しいお花畑を思い出
しました。

北のカナリアたち

2012年11月26日

先日の日曜日は一日中雨だったので、上記の映画を見に行きました。

ストーリーはサスペンスに富んでいて、結末までドキドキハラハラ
の連続で、とても楽しめました。吉永小百合さんや柴田恭兵さんた
ちの演技も素晴らしく圧巻でした。

この映画は、東映が創立60周年を記念して作ったものだそうですが、
「さすが」と思い、とても気に入りました。

受験サプリ

2012年11月22日

皆さんは、このサイトをご存知ですか。私はある方のブログで知り、
早速内容をチェックしてみました。

このサイトはリクルートが作ったもので、授業の配信や各大学の過
去問の提供などの充実したサービスを行っています。

会員登録時には在籍校や志望の大学を聞かれますので、リクルート
お得意のマッチングビジネスに結びつけていくのかも知れません。

大資本の異業種参入は何だか不気味な感じですね。

ノマドワーキング

2012年11月21日

「長居をされたら困る」という考えの人なら「どうしたら追い払え
るか」と考えるかも知れません。反対に、「この手のお客さんは今
後増えるに違いない。また毎日来てくれるだろうから、積極的に増やそう」と考える人もいるかも知れません。

後者の考えで、コーヒー一杯500円と高めの設定ながら、ノマド族を
大幅に増やしたのが銀座の老舗喫茶店「ルノアール」です。

そのポイントはいったい何だったのでしょうか。

それは無線LANと各テーブルに引かれた電源だったそうです。

私自身もいつも電池切れを恐れ、予備バッテリーを持って歩いてい
るので、ノマド族の気持ちがよくわかります。ルノアールさんはい
いところをついたものですね。

ノマドワーキング

2012年11月20日

「ノマド」という言葉をご存知ですか。

「ノマド」とは「遊牧民」という意味で「ノマドワーキング」とは
パソコンやアイパッドを喫茶店などに持ち込み、そこを仕事場にし
てしまうような働き方のことです。

私もアイパッドにすべてを詰め込むようになってから、喫茶店でも
出張先のホテルでも、どこでも不自由なく仕事ができるようになり
ました。

さて、皆さんが喫茶店のオーナーだとして、このような人達をどの
ように感じ、どのような手を打つでしょうか。

妻のへそくり、夫のへそくり

2012年11月19日

明治安田生命が11月22日(いいふうふの日)を前に「へそくり」に
ついて調査したそうです。

妻と夫ではどちらがたくさん「へそくり」を持っているのでしょう
か。また、それは平均いくらくらいなのでしょうか。

その結果は、夫が約45万円に対し、妻は115万円程だそうです。やは
り世の中、女性の方が強いようですね。

漂流50日。奇跡の生還

2012年11月16日

少年達がこのような条件でも生きのびられたのは、なぜだったので
しょうか。

最大の要因は、この3人が気心の知れたいとこ同士だったことのよ
うです。もしこの3人が他人同士だとしたら、お互いの疑心暗鬼か
らケンカなどに発展していたかも知れません。

やはり、危機の時に一番大切なのは、「あきらめない心」と「お互
いの信頼関係」なのかも知れません。

漂流50日。奇跡の生還

2012年11月15日

先日、ニュージーランドの島に住む14〜15才の少年3人がボートに
乗ったまま行方が分からなくなったという事件がありました。

生存を絶望視した島民達はその少年たちの追悼式まで済ませたそう
です。

漂流した少年達は持っていたココナッツを食べたり、運良く捕らえ
たカモメなどを食べながら、50日間を耐え抜いたそうです。

そして最後には、海水すら飲み始めたくらい危機的な状況だったよ
うです。

年号電卓

2012年11月14日

それは、歴史好きの人などにはたまらない機能でしょう。

例えば、「徳川吉宗は、享保元年に8代将軍になった」という文章
があったとします。

ここで皆様は「享保元年は西暦何年か」ということについてどのよ
うに調べるでしょうか。

このアプリでは、「年号」のところで「享保」をさがし、テンキー
で1を押すだけでいいのです。するとすぐに西暦1716年、年齢296と
表示されます。これによって享保元年は1716年で、それは今から
296年前だとわかるのです。

年号電卓

2012年11月13日

(1)昭和の場合はその年号(23年)に25を足すと西暦年になる。
   (23+25=48、よって私は1948年生まれ)

(2)今年は2012年だから2012−1948=64で私は64才とわかる。

さて一方、年号電卓では次のような操作でその計算結果が一発で出ます。

(1)アプリを開く。

(2)画面上で昭和23年と押す。

(3)すぐに画面で西暦1948年、年齢64と表示される。

これだけでも私は「すごい」と思いましたが、このアプリにはもっと
すごい機能があります。

年号電卓

2012年11月12日

スマートフォンのアプリは多種多様で、調べてみると痒い所に手が
届くようなものがいくつもあります。

例えば、「年号電卓」などがその1つです。

皆様は私が「私は昭和23年の生まれです」と言ったとき、私が何才
であるか、たちどころに計算ができますか。

私は今まで、このような問題に対し、次のように計算していました。

1か月で偏差値20伸ばす芦澤式学習法

2012年11月09日

大人でも子どもでも教育の中で一番大切なことは、まずその存在を
認め、成長した点について具体的な言葉で褒めてあげることではな
いでしょうか。

そのために、まず成すべきことは「観察」であると著書は訴えてい
ます。そして、その結果を「分析」し、「対策」を立てることが大
切だと述べています。

私自身が塾長をしていた頃を思い出すと、入塾生一人一人に対し、
このような緻密なプランと対策ができていなかったと反省させられ
ました。

1か月で偏差値20伸ばす芦澤式学習法

2012年11月08日

とあるきっかけで翼学院学院長 芦澤唯志氏が書いた上記の本を読
みました。とても参考になりました。

特に学習障害などを持っている生徒に、どのように接していって、
伸ばしていくのかという方法は、一人一人にそった中小塾だからこ
そできることだと感銘を受けました。

障害のある生徒だけでなく、そうでない子どもや大人でさえ、他の
人と比べられたり、低い自己評価を与えられたりして、精神的に苦
しんでいる場面がよくあります。

母の病気

2012年11月01日

母の命に別状は無いので安心なのですが、付き添って1日中看護を
していると、日ごろの生活では得られない色々な体験をしたり、考
えが浮かびます。

1つは、看護師さんたちの熱心な仕事ぶりです。

患者さんの命を預かる大変な仕事のため、24時間にわたり気を抜く
ことができません。深夜でも、頻繁に容体を見にきてくれたりとと
ても献身的な働きぶりです。また、下のお世話なども大変で、頭が
下がります。

本当に、世の中は色々な人の支えや働きによって成り立っているこ
とだと感じます。