スタッフブログ!つむぎ内・外よもやま話

【お役立ち情報】「ことばの名人」は高校生にも有効!!

2018年07月06日  文責:川口

今回は「ことばの名人」についてご紹介します。

この教材は,高校入試で出たことばの問題を集めたテキストで,
収録しているのは,四字熟語,ことわざ,慣用句など多岐にわたります。
端的に言えば,語彙力を強化するための教材です。

1回あたりの問題(1ページ)は10分程度で解けるため,
授業の導入に使うことができます。
また,ページをめくると解答と解説がありますので,
生徒さんご自身での自学自習が十分可能です。

全30回分(60ページ)と,短期間のうちに語彙不足を解消でき
そのまま国語の長文読解などにも役立てることができる教材です。
(詳しくはこちら↓)
http://www.tsumugi.ne.jp/books/book_kotoba.html

ここで,さらに特筆すべき特長を。

語彙を増やす,に主眼を置いた教材は他にも散見されるところですが,
この「ことばの名人」では,徒に「ことば」を増やすのではなく
それをしっかりと使えるレベルまで押し上げることも大きな目的としています。
いわば,応用力の養成です。

それを可能にしているのが,「家庭学習用課題」のコーナー。
「家庭学習用課題」サンプルはこちら
各回の終わり,ページの下半分に添付画像のような問題が掲載されております。
ここでは前ページで学習したことばを使って,自力で作文することを強いるのです。

(1)日常あなたにとって「わずらわしい」とはどんなことか。

先の画像にもありますが,例えばこの問い。

「酒席が増えるので,週末がくるのがわずらわしい。」

私の場合はこうした答えでしょうか。
はい,嘘です。実際はお誘いがあれば,間髪入れず飛んで参ります。(笑)

それはさておき,このように習得したことばを実際に使うことで
自分のものにしていくプロセスが,ここにあります。

話は少し飛びますが,先日,ある教材の展示会場で
「ことばの名人」を長年ご愛用いただいているという先生にお会いしました。

その先生も「家庭学習用課題」が大のお気に入りで
これがあるからこの教材をずっと使っている,とまで仰っていました。
また,先生の学習塾では,「中学生ではなく高校生にこの教材をやらせている」
というのも新鮮でした。
先生が仰るに,
「語彙力を上げるには,ひたすら叩き込んだものを自分の力でアウトプットする必要がある。
身に付いた語句を,自分の言葉として使わせるのがこのコーナーのすごさ。
また高校生ともなると,しっかり考える作業をするので
ちゃんと自分の言葉で書けるという側面もある。
この教材はかなり思考力を要するので,
私のところでは高校生にこそフィットするように感じる」
ということでした。
先生の塾の高校生たちは,この教材で語彙力をかなり上げているのだそうです。

展示会場でお会いする先生の中には,確かに「少し難しいね」と評される方もおられますので
このように対象を上げるというご使用法にはなるほどと思わされました。

ちょうどこれからの季節に活躍する教材ですので,
興味を持たれた先生は,是非,サンプルページもご確認くださいませ。
(↓)
http://www.tsumugi.ne.jp/pdf/kotoba.pdf