スタッフブログ!つむぎ内・外よもやま話

京都桜便りPart

2018年04月16日  文責:平野

春の気候と言えばもう一つ「三寒四温」などとも言われます。暖かい日が続いて「あー、春だなぁ。」と思っていると、また冬のような寒さが戻ってくる。そんな日々を繰り返しながら、徐々に本格的な春がやって来る。しかし、今年はその気温差があまりにも激しく、暖かいを通り越して夏日になったり、また二月ぐらいの気温に戻ったりで、皆さま体調など崩されてはおられませんでしょうか。

前回は鴨川周辺の桜をご紹介しましたので、今回はまたまた弊社から歩いて5分ほどの所にある、本満寺の見事なしだれ桜をご紹介します。この本満寺は近衛家と縁ある、日蓮宗京都八本山のひとつとのこと。山門をくぐると、見上げるほど立派なしだれ桜が咲き誇っていました。このしだれ桜は樹齢約90年、円山公園にあるあの有名な「祇園しだれ」の姉妹樹だそうです。このしだれ桜以外にも、境内には多くの桜があり、やはり多くの方が見に来られていました。また、桜の他に紅葉の木もあちらこちらにあり、今の時期、八重桜と青紅葉の美しいコントラストを楽しむことができます。そして、すべての桜の見頃が終わると、次は牡丹。今はまだ花も一つ二つというところでしたが、蕾がたくさんついており、きっとGWまでには見頃を迎えるのではないでしょうか。

こんな近くにもかかわらず、実は境内に足を踏み入れたのは今回が初めて。このような身近な場所にこのような見事な花の寺があるとは、まったく知りませんでした。遠くに出掛けるのも良いですが、身近な場所にもまだまだ新しい発見があることを知り、とてもうれしくなりました。
(写真はこちら:http://www.tsumugi.ne.jp/photo/yomoyama/20180416.html

京都桜便り

2018年04月13日  文責:平野


「春に三日の晴れなし」という諺があるのをご存じでしょうか。これは、「春は雨が多いので、春の晴天は三日ともたない。」 という、春の天気の特徴を表した諺です。しかし、今年の京都はこの諺にまったく当てはまらず、まるでGWの頃の陽気が一 週間以上も続きました。そのため、今年の桜は開花から満開まで一気に進んでしまい、四月に入る頃にはもう散り始めとなってしまいました。ただ例年ならば諺のようなお天気のせいで、せっかく美しく咲きだした花々も風雨に散らされてしまい、あまり長く満開の時期を楽しめないことが多いのですが、今年は桜が見頃の間は本当に雨が少なく、ゆっくりと堪能することができました。
今はもうすっかり葉桜となってしまいましたが、皆さまにも京都の桜のおすそわけをと思い、今回はまず弊社にほど近い鴨川の川沿いの桜をご紹介します。少しでも京都の春を感じて頂けたら幸いです
(写真はこちら:http://www.tsumugi.ne.jp/photo/yomoyama/20180413.html