スタッフブログ!つむぎ内・外よもやま話

相国寺の紅葉

2017年11月28日  文責:平野

今年の秋は例年より寒暖の差が激しいように思われますが、みなさま体調など崩してはおられませんでしょうか。かく言う私はしっかり風邪をひいてしまい、二日も仕事を休んでしまいました。油断大敵なんとやら。みなさまも体調にはくれぐれもお気を付けください。

さて、寒暖の差が激しいということは、紅葉が早く色づくということで、今回は小社から徒歩5分のところにある、相国寺(しょうこくじ)の美しい紅葉をご紹介したいと思います。
(写真はこちら:http://www.tsumugi.ne.jp/photo/yomoyama/171128.html

相国寺は正式名称を萬年山相国承天禅寺(まんねんざんしょうこくじょうてんぜんじ)といい、当時左大臣であった足利三代将軍義満のたっての願いで創建されました。その時義満公が、禅の師匠である春屋妙葩(しゅんおくみょうは)にこの寺の名称を相談したところ、「現在あなたは左大臣の位にあり、中国ではこれを『相国(しょうこく)』といいます。相国寺とつけてはいかがか。」また「中国の開封(かいふう)に大相国寺(唐・延和元年712)という寺があり、まさに格好の名前ではないか。」と進言したことが由来の一つといわれています。

この二つの寺は平成四年(1992)日中両相国寺友好寺院の締結調印を行い、平成六年(1994)には友好を謳った記念の石碑が両寺院の境内に建立されました。臨済宗相国寺派の大本山であり、あの金閣寺・銀閣寺もこの相国寺の山外塔頭(さんがいたっちゅう)なのだそうです。(「塔頭」とは高僧の死後、弟子が師の墓塔を守ることに由来し、転じて寺院の敷地内にある高僧の住房等の子院などをいう。この場合金閣寺も銀閣寺も相国寺の敷地内(山内)にはないため、このような場合は「山外塔頭」という。)

創建時にはなんと、木造では記録の上で日本史上一番高いといわれる七重塔があったそうで、高さは109mもあったそうです。実は小社の住所にある「下塔之段町」という町名の中にある「塔」というのは、この七重塔を指すとのこと。残念ながらこの塔は落雷により焼失してしまったとのことですが、つくづく京都の地名は奥深いですね。

和菓子作り教室

2017年11月01日  文責:平野

二週続けて大きな台風が日本列島を襲いましたが、皆さまのところはいかがでしたでしょうか。被害に遭われた方には、心よりお見舞い申し上げます。

実はこのブログも、今月は京都三大祭りの一つ、「時代祭」にしようと思っていたのですが、あいにく台風21号の接近により、中止となってしまいました。直近で中止になったのは、1988年に昭和天皇のご病気が理由だそうですが、天候が理由で中止されるのは、1895(明治28)年の第一回以降初めてのことだそうです。

そこで急遽「いつかやってみたい!」と思っていた、甘春堂さんの和菓子作り教室に行ってきましたので、ご紹介します。この日も台風22号が刻一刻と近づき、時折強い雨が降りつける中にもかかわらず、20人程の参加者で会場は熱気ムンムン。
作るお菓子はお干菓子一種類と、上生菓子三種類。お干菓子と上生菓子のうち二つはお店が用意して下さった箱に入れてお持ち帰り出来ます。あと、残りの一つはお店の方が点てて下さったお抹茶とともにその場でいただきました。

和菓子の材料はとてもシンプルで、においが移りやすいので、上手に作ろうと思うあまりこねくり回すと、その人の手のにおいや脂気が移ってしまい、美味しくなくなってしまうそうです。あと左手の動きが重要だそうで、左手の指の動きをしっかりコントロール出来ないと、美しい和菓子は作れないとのこと。よって左利きの人の方が上手なのだとか。左利きでなかったことを少し残念に思いながらも、麺棒で伸ばしたり型で抜いたり悪戦苦闘しながら、なんとか写真のような作品が出来ました。

こちらはタオルやエプロンも貸していただけるので、手ぶらで参加出来ます。皆さまも京都へおいでの際には、思い出作りにいかがでしょうか。
(写真はこちら:http://www.tsumugi.ne.jp/photo/yomoyama/171031.html )