スタッフブログ!つむぎ内・外よもやま話

もはや,「読み聞かせ」ではない

2017年06月21日  文責:川口

皆さまはよくご存じかと思うのですが,
現代の小学生向け国語辞典,素晴らしいですね。
すべての漢字にルビがふってあるもの,
漢字の書き順が載っているものなどはもはや定番。
なかには,漢字辞典のような立派な付録が付いているもの
国文法や,かなの成り立ちまで説明するコーナーのあるもの
子どもが大好きなキャラクターを配したものまで,
様々な工夫を凝らされたものがズラリと並んでいます。

散々迷った挙げ句に購入した真新しい辞書を息子に渡し
引き方を教えてみると,
早速,「葵まつり」を調べたいとのこと。さすが京都人です。
ただ,やはりというか,国語辞典の範疇外で
載っていたのは「葵」のみでしたが。(笑)
その辞典は,小さいながらも図版が豊富で,
「うわ,オオサンショウウオ,でっか!」などと
その後もページをめくっておりました。

その夜,寝る前の「今日の3冊」では,
嬉しそうに,「1冊はこの国語辞典にするわー」と言ってきた息子。
適当に開いたページにあることばを,調べ合って遊ぶのだとか。
もう,腱鞘炎になりそうです…。

もはや,「読み聞かせ」ではない

2017年06月19日  文責:川口

梅雨らしからぬ晴天続きで,
京都には珍しく,からっとした空気の日が続いています。

ご無沙汰のスタッフブログでしたが,我が息子も5才。
年長さんとなり,将来なりたいものも
「象,傘屋さん,忍者」というところから,
最近では「コックさん」と,なんだか現実的な夢になってきました。

もともと,字や本に興味をもっていましたが
今でも,妹に邪魔されながらも,黙々と没頭している姿を見ます。
いわゆるお話(物語)も好きですが,
今はそれ以上に,迷路や間違い探し,ことば遊びなど
自分も参加できるタイプの本に夢中です。

日課となった寝る前の「3冊読み聞かせ」も,読み聞かせるというより
一緒になって間違い探しをさせられるという
親としては,なかなか辛い時間に変貌しております。
(その手の本は判型が大きく重いうえ,間違い探しは睡魔との戦いです…)

以前,彼に「『空間』って何?」と訊かれてたじろいだ,
という話を載せたことがあります。
ことばの意味を訊いてくるのも相変わらずで,
妻などは,「それはお父さんに!」と半ば匙を投げる始末。
だから,というわけでもないのですが
先日,小学生向けの国語辞典を買い与えました。